覚悟して泣いて

死生観

不思議な言葉ですね。人間しか考えないでしょうこんなこと。動物にとっては目の前の獲物が全て、先のことより目先の獲物。人間だけが遠くを見据えた利益と今とのバランスを考えれるのではないでしょうか。リスクヘッジ。人を人たらしめるものの一つとして、想像力があります。想像と創造。スクラップ&ビルドで新しいものを生み出し続けてきたのでしょう。代謝細胞分裂に近い。ガイア理論というものがあります。地球そのものが一つの生命体としてみて、我々人類はそこで営む細菌のようなもの。痛みこそ全て。覚悟とは痛みそのもの。愛とは覚悟。つまり愛と痛みは同一。愛する時は、温もりを得る代わりに相手の痛みさえ引き受ける覚悟が必要です。確かに本当に愛する人の苦しみは、どんな痛みであれ代わってあげたいと思います。だから親が子に対して思う愛情は深いのでしょう。そしてそれは次世代へと受け継がれていく。人類の歴史とは痛みの継承そのもの。少しでも良い明日を未来の子どもたちへ。そんな願いで偉人達が歴史を紡いできたのでしょう。

一瞬の夢と覚悟

悪いニュースが溢れ、人の負の面ばかりを見てしまいがちな時もありますが、豊かな暮らしの恩恵を感謝する日があっていいのではないでしょうか。遠い過去に比べるとはるかに過ごしやすい現代。特に温度による不快感がないことは、冬の始まりにひしひしと感じます。どこへ行っても空調が完備されています最近は。また衣食住が事足りています。それでは何を信じれば幸せになれるのでしょうか。愛という概念こそ幸せになるきっかけでしょうか。では愛を失った人は生きるに値しないのでしょうか。そんなことはないですね。私は覚悟こそ生を享受する代償かと思います。つまりあらゆる幸福は、あらゆる厄災を受け入れる代償。地獄の業火に身を焼かれても、想像しうる最高の夢や幸福を夢想できる。それだけでも生の本質。つまり、どんな過酷な環境でも、どんなに甘い夢を観れただけでも生きるに値する。

生まれた環境を選ぶことはできない。けれど私は、私に生まれてきたからこそ、私らしい幸せを感じることができる。人と比べるとなんてことない人生かもしれない。それでも相対的な価値ではなく、絶対的に私は私に生まれてきてよかった。それが全て。これ以上でもこれ以下でもない。ただ私は私でいられることが誇りであり、信じることができる唯一の真実。迷いや時代の価値観に染まらない、ただただ遠い過去の両親の愛が今の私の行なう全てに繋がる。そんなにも素敵なことは他にあるのでしょうか。人類の壮大な歴史のほんの些細な出来事かもしれない。それでも確かに、確実に私は私というバトンを繋ぐことができる。受け渡すことができる。私にとってこれ以上に意味のあることはないのではないか。

女性の勢いを感じる90年代

人はなんで時に過去にすがりたくなるのでしょうか。幼少期に感じた音と光、そして匂い。それらが心の奥底に残り続けるのでしょう。生まれ持った資質でなく、後天的なものが人格や人間性を作るのでしょうか。そんなことを考えている夜に聞きたい曲をピックアップしてみました。

あなたに会えてよかった/小泉今日子 1991年
慟哭/工藤静香 1993年
世界中の誰よりきっと中山美穂 1992年
雨/森高千里 1990年

おわかりの通り、80-90年代の女性アイドルの楽曲ですね。今見ると渋い曲名が多いですね。慟哭とか。しっとりと歌い上げるこのケレン味が、幼少期の私の根本に根付いたのでしょう。今聞いてもこの当時をなんとなく記憶でなく、感覚で思い出します。人の想いは、脳だけでなく音や光や匂いが司っている気がします。つまり感覚器官のどこかに染み付いているのでしょう。そして時々それを呼び戻したくなる。思い出っていいものですね、そしてこれを何十年経っても忘れたくない。