2017-05-22から1日間の記事一覧

さよならとか。ぜんぶ。眩しいから薄眼で睨む、透明な灰の思い出。

不思議な感覚。異性というのはいつまでも遠い存在のような気がします。たまに、心が通って溶け込んでしまいそうな時もあれば、永遠に交わらない平行線のような虚しさを感じることもあり。何ががうまくいったことは一度もないかもしれません。いや、うまくい…