境目でリユニオン

Life is but a dream.

ペットボトルを買いたくない

ペットボトルを買いたくない。本当に。買っていいことは手軽さだけでなかろうか。それが奴らの罠。手軽さと引き換えに私の生活に入り込む。しかも150円という安さ。これも罠。150円は安いのだろうか。実は積み重なると大きい。1日お茶とコーヒーで2本買った…

やりきれない夜に

もっと失敗すればいいし、成果なんて出さなければいい。生き急いで苦しいなら、いっそ手を離してしまえばいい。それでも手元に残ったものだけが、本当に必要なもの。誰にも必要とされていないなら、それで構わない。私もあなたを必要としていない。大人同士…

ダウンタウンの凄さはどこから来るのだろうか

カリスマ性と浜田雅功 成功者になるには、どのような才能が必要なんだろうか。私が理想とし、いつ見てもすごいと思う成功者として、ダウンタウンの浜田雅功さんがいます。芸人としてのデビュー以来、常にTVバラエティ界のトップを走り続け、90年代には歌手と…

存在し続けることの難しさ

不条理は急に音もなく 働くのは本当に大変です。大人の世界は特に色々なしがらみや、損得があり、目に見えない様々な要因が物事を運びます。そこの本質にあるのはパワーバランス。縦割り社会の世の中で、理不尽ないざこざに耐え続けて得られるわずかな安らぎ…

覚悟して泣いて

死生観 不思議な言葉ですね。人間しか考えないでしょうこんなこと。動物にとっては目の前の獲物が全て、先のことより目先の獲物。人間だけが遠くを見据えた利益と今とのバランスを考えれるのではないでしょうか。リスクヘッジ。人を人たらしめるものの一つと…

気まぐれなスピードを

情報の見極め 「サーチュイン遺伝子」とは長生き遺伝子とも呼ばれる遺伝子。老化を阻止することなんてできるのだろうか。おそらく完全に阻止するのでなく、遅らせることならできるのだろう。この遺伝子を完全に操れたら永遠の若さを手に入れれるのだろうか。…

箱庭の中では、誰が風を吹かせて誰が喜ぶ

文章を書くということ。日常的で当たり前の行為なんですが、なんだかとても不思議なことのような気がします。若い頃は大嫌いでした。それこそ読書感想文など嫌で、自分の考えを発表することに意味も感じなかったし、とても憂鬱でした。しかし大人になって読…

幻想水滸伝を今こそ

20年の時を超えて 幻想水滸伝というゲームがある。1995年に初代プレイステーションで発売された、コナミのRPGだ。人気も高くその後シリーズ化も多くされた名作RPGだ。今回私はPS VITAでできる1、2のセットになったものを購入した。2017年になった現在、改め…

ぼんやりすることが大切らしい

ビーバップハイヒールという番組で、ニューロビクスという言葉を知った。 アイディアを生むには焦ったりして脳を疲れさすのでなく、ぼんやりすることがいいらしい。脳を酷使し続けることは鬱や認知症になるリスクがあるらしい。なんとなくわかる、一日中頭脳…

Amazonの凄さは「組織間の連携スピード」と「組織レベルの実行力」

全世界規模で流通革命を起こし続けていAmazon。普段漠然と利用しているAmazonは一体何が凄いのでしょうか。知っているようで実は謎が多い気がします。というか、答えなんてでませんが、なんとなく私のイメージを語りたいと思います。 スピード感のすごさ と…

理不尽と悪意に負けないために

男の世界はしんどい くだらないことで人を傷つける人はたくさんいますね。そしてそれこそが男の世界にとっては成長といわんばかりに試練こそ、厳しさこそ男の世界の欠かせないものみたいな価値観を持った人は意外といます。正直、馬鹿馬鹿しいです、私はドM…

二人以上の共通概念である「価値認識」を持つ、能力者同士で繰り広げ合う超頭脳戦の異能力バトル

信用ってなんだ 20年来の友人でも未だに信用ができない時があるのに、せいぜい数年の付き合いの同僚なんて信用できない。信用とは継続的なものでなく、瞬間的なものなんじゃないか。これほど継続させるものが難しいものはないんじゃないか。なぜなら、形がな…

「インデペンデンス・デイ」みたいな映画って最近ないですね

かっこいい俳優は昔からずっとかっこいい 2017.06.10土曜プレミアムにてインデペンデンスデイを見た。何年ぶりかに見るとやはり最高にいい映画だ。ジェフ・ゴールドブラムとウィル・スミスが今とあまり変わっていないのがすごい。当時からずっとかっこいい。…

I'm so crazy about game.(ゲームに夢中)

New Nintendo 3DS LLが欲しい理由 新しい3DSがあるということを知った。News3DSというやつだ。従来のものと違いがよくわからないが、買おうか迷っている。なぜかというとテラリアというゲームがやりたいからだ。このテラリアというゲームは中毒性がすごい。…

永遠に近い「時の最果て」には何があるのだろう

時間とは変化 何かが存在するということは、時間こそが証明してくれるのではないか。何かの存在を確かめるには、観測することができるからである。観測とは観測者がいて成り立つ。観測者が何かを感じとるには五感が必要になる。五感で確かめるということは、…

「積みゲー」と失われた何かを求めて

TVゲームが好きだ この感情に嘘はない。なぜなら私はTVゲーム黄金時代とも言える80年代から00年代の間に少年期を過ごしてきたからである。この80年代生まれの子どもがマリオやドラクエ、FFを避けて通ることはできるのだろうか。無理だろう。多感な時期にいか…

光が生み出すエネルギー

光とは何か 太陽光に浴びることは良いこととされる。しかし紫外線の影響もあり皮膚がんなどのリスクもある。そもそも光とは波長なのか粒子なのか、実はよくわかっていないという説もある。これは量子力学とかの話になるのだろうか。植物は光合成をしている。…

夏の扉をきっかけに

謎を解くには 宇宙のことを考える。いつも退屈だから。辛いことが多いから、遥か遠くのことを考えることで気がまぎれる。変化していく。大いなるユニヴァース。時間は膨大で、どこまでも遠くて、ループしているのだろうか、パラレルワールドなんだろうか。そ…

暴力的な朝に起きたできごと。炎とカラスと悪夢のつづき。

悪夢をみたのは、シャワーも浴びずに寝たせいだ。整髪料を落とさないせいでベタつき乱れる髪と、つけっぱなしのYoutubeのうるささ。スマホもぴこぴこうるさくて。なんとか全部止めて二度寝。 それから、数時間今度は爆発しそうなアラームで飛び起きる。火災…

心に風を

凝り固まった価値観を変えるために、あえて興味のないことをしてみる。人生30年も生きてくると、考え方も行動もワンパターン化してきます。効率とか不快感を取り除くために生きてきた30年のすべてが、行動レベルで染み付いていますね。だからたまに友人の子…

気づけば一瞬、ハイタッチ。

二人のために 最初の印象は桃のよう。淡い瑞々しさが儚さを感じさせた。はじめての感覚。小さなときめき。後から知る不思議。 次の印象は、どしゃ降りのよう。うれしいも、痛いも、すべて飲み込んで大きくなっていく。小さな台風は大きな可能性を感じさせる…

風と夜の音。桜とあなたの名前。

届かない手 あの日を思い出して。今から遥か遠く。まだ本当に何も知らなかったころ。今にも眠りに落ちそうな温かさの中で。自転車に乗って走り抜けた。いつもより遠回りして、わざと用事があるふりをして、あなたを連れ出した。そして嘘。笑っているだけでよ…

さよならとか。ぜんぶ。眩しいから薄眼で睨む、透明な灰の思い出。

不思議な感覚。異性というのはいつまでも遠い存在のような気がします。たまに、心が通って溶け込んでしまいそうな時もあれば、永遠に交わらない平行線のような虚しさを感じることもあり。何ががうまくいったことは一度もないかもしれません。いや、うまくい…

熱く輝く水面を見上げている

無機質な夜に ワクワクする何かを忘れてしまわないように。困難なことが降りかかる日々に。眠れない夜に、飽きてしまわないように。小さなきっかけさえあれば人は前に進める。 考えていることは壮大なのに、言葉にするとひどくつまらなくなってしまう。宇宙…

人生は「盗めない宝石」のようなもの

渇望せよ 生きている限りは欲しいもの、望むものすべての物が手に入るわけではありません。長い視野から見ると手に入らないものの方が多い気がします。それは、地位・名誉・権力・お金がいくらあっても変わらないと思います。若さや永遠の命など、お金には代…

活字も好きです

マンガやゲームの話題もたくさん語りたいですが、私は普通の小説も好きです。10代の頃は本なんて読書感想文の時くらいしか読まなかったのですが、社会人になり電車通勤しながら時間を潰しやすい読書を始めたのが、本好きになるきっかけですね。それこそ、も…

クラウド、私、永遠のワナビー

1997年 夏 次世代ゲームとして発売されたプレイステーションのプラットフォームに、超大作RPGが舞い降りた。その大作の名に恥じぬクオリティと面白さで瞬く間にブームは広がった。それがファイナルファンタジー7。1997年の夏休み私はそれに出会った。 ファイ…

マンガと最も相性が良いジャンルは"笑い"ではなかろうか

マンガって本当におもしろいですよね。私はゲームの他にもマンガも大好きです。本自体も好きなので読書は10年ほど続けています。活字も良いのですが、マンガの良い点はたくさんあります。絵で一瞬で内容を理解できるということが、最大の特徴ではないかと思…

ファイナルファンタジー熱

ゲームは人生の教科書 飽きっぽい私はすぐに何かにはまり、すぐに飽きます。昔から長く続いたものは本当に数えるくらいしかないですね。世の中には本当に様々なコンテンツが溢れています。特に最近はWebの発達もあって、あらゆることの情報が溢れています。…

いきかた

そろそろ夏ですね。私にとっては33回目の夏です。どうも皆さんはじめまして。 まずは、自己紹介。 私は、自己紹介も自己主張も非常に苦手な人間です。どちらかと言えば、目立たずに生きていけたらと思って毎日生活しているタイプの人間です。そんな、私がな…