境目でリユニオン

Life is but a dream.

夏の扉をきっかけに

謎を解くには

宇宙のことを考える。いつも退屈だから。辛いことが多いから、遥か遠くのことを考えることで気がまぎれる。変化していく。大いなるユニヴァース。時間は膨大で、どこまでも遠くて、ループしているのだろうか、パラレルワールドなんだろうか。その謎が解ける日なんて永遠にこないかもしれない。天体は続くのか、本当のことを言えば地球が丸いということさえ真実かどうかわからない。聞いた情報を鵜呑みにして信じきっているだけ。教育という洗脳でそれが当たり前だと思っているだけ。それでもそれを前提として生きていかなければ始まらない。

不思議な日常の中で求め続けている、今日も。

それでも町は廻っている」というマンガがある。とても面白い。なんというか日常のギャグ漫画なのに宇宙とか哲学の匂いを感じる。明確に示されたわけではないが、爽やかで日常というどこにでもある身近な宇宙を感じる。「プラネテス」というSFマンガで、「ここも(立っている大地も)宇宙だ」というシーンがあった、とても印象的。生きているだけでそこは宇宙になる。日常はそれを忘れさせる。忘れてはいけないことを忘れさせる。でも気にしてばかりいたら生活できない。それも面倒だ。

一体なんなんだろう、この世は。不思議なことばかり起こる。当たり前のことばかり起こる。意味を見出すのは、自分の価値観次第。自分を生かすも殺すも自分次第。人生のテーマは、自分で与えるしかない。

神殺しのジレンマ

例えば、封建的なことを価値観としていた時代であれば、割と盲目的に生きていけたのではないだろうか。君主に仕えることで、それが自分の人生と割り切ってしまえる。ストレスはもちろんあっただろうが、現代人のように心を病むことは少なかったのではないか。現代は変に自由がありすぎて、自分の軸がぶれてしまうのではないか。大昔からそれを支える方法は宗教であっただろう。神を心の軸にすることで困難や災難を乗り越えてこれたのではないか。しかし現代は神を科学に置き換えてしまい、どこかで割り切ってしまっているのか。未知や超常現象という割り切れない割り算を、科学で分断してしまい無理やり割り切っているんだろうか。不思議なことを神様や妖怪のせいにできていたから、それが自然であった。これは養老孟司さんの「バカの壁」でもこのようなことを言っていた。

不自然に気づいてしまったことで、矛盾を知りストレスが溜まってしまう。脳を量子レベルで分解しても、そこに命が無いように。不思議をどんなに解剖しても真実や神はそこにいない。無機質な数値に置き換えても概念を理解することなんてできない。なぜなら数値も文字であり、人が作ったものだから。人を超えた概念を理解するのに、人の言葉という概念では理解できない。感覚的には理解できても腹には落ちない。

だから人は何かに代用したくなる。すがりつきたくなる。偶像崇拝。命そのものを見つめることは辛いけれど、見つめることを忘れてはいけない。厄介な存在。

松田聖子さんの「夏の扉」という曲がある。いつもこのイントロを聴くと心の何かがはじけるような気持ちになる。調べてみると、財津和夫さんが作曲らしい。(「青春の影」や「心の旅」が好きです。)実にキャッチーで命の衝動というか、鮮やかさのような気持ちになる。何か大切なことを思い出したいきっかけを掴む時、私はこの曲を聴いている。

暴力的な朝に起きたできごと。炎とカラスと悪夢のつづき。

悪夢をみたのは、シャワーも浴びずに寝たせいだ。整髪料を落とさないせいでベタつき乱れる髪と、つけっぱなしのYoutubeのうるささ。スマホもぴこぴこうるさくて。なんとか全部止めて二度寝

それから、数時間今度は爆発しそうなアラームで飛び起きる。火災警報器が鳴り響く早朝。一瞬パニックになって、息を整え考え直し、再度パニック。外の様子を見るためにズボンを履いて玄関へ。外は特に変わった様子はない、気だるいほどに爽やかな朝、ただ鳴り響くアラーム。

階下を見下ろすとちらほら外に出てくる住民がいた。うるさいのはウチだけじゃないらしい。つまり、本当にどこかで火災が発生しているようだ。再度パニック。とりあえず一階に避難しようかと思ったがエレベーターが止まっている。財布とスマホを持ってしぶしぶ階段を降りる。

途中一瞬ガス臭い。やはり火事?ガス漏れ?爆発?パニック。他の住民の方に聞いたら、どうやらただの間違いだったらしい。最悪。

そのままコンビニに行く途中でカラスが頭上をかすめる。あわててかぶった寝癖をごまかす帽子を持っていかれそうになる。しかもこのカラスしつこい。そのあと二、三回は狙ってきた。ちょっとパニック。最悪。

コーヒー買って帰る、再度眠る、三度寝。また悪夢、最悪。

心に風を

凝り固まった価値観を変えるために、あえて興味のないことをしてみる。人生30年も生きてくると、考え方も行動もワンパターン化してきます。効率とか不快感を取り除くために生きてきた30年のすべてが、行動レベルで染み付いていますね。だからたまに友人の子を見ていると驚く行動ばかりです。子供は自然そのものですね。全力で壁につっこんでいったり、どう考えても片付けが面倒になりそうなことを好奇心だけで試してみたり。驚くことばかりです。昔は自分もこうだったはずなのに。

ワンパターン化すると、何が良くないのでしょうか。自分にとって「快」だと思っていたことが、周りの人に「不快」になっている可能性があります。だから、周りの人の気持ちを知るために、コミュニティの中でいろんな人と関われる人が凄いのでしょう。

楽な方ばかりに逃げがちな私は、インドアで自分の世界にいることが好きになってしまいます。だからたまには出かけたり、あえて興味のないことにチャレンジしていつもとは違う刺激を手に入れ、常に風通しの良い精神状態にしたいと思っています。今回はあえてなんの興味もわかない映画などの映像作品を見てみようかと思います。

普段は、サスペンスやアクション、ミステリーなどスリルのあるジャンルしか見ない私ですがあえて、OLさんなどが好きそうな恋愛作品を見ようかとおもいます。

 

 

 

 

 

 

 

気づけば一瞬、ハイタッチ。

二人のために

最初の印象は桃のよう。淡い瑞々しさが儚さを感じさせた。はじめての感覚。小さなときめき。後から知る不思議。

次の印象は、どしゃ降りのよう。うれしいも、痛いも、すべて飲み込んで大きくなっていく。小さな台風は大きな可能性を感じさせる。やがて来る雷雨が終わる頃、あなたは大人になるでしょう。

叫び声は星に消える

慣れてしまってからは、陸に上がった魚のよう。飛び、跳ね回る。気づけば2匹。それでも嬉しい手触り。いつの間にかもう一瞬がたっている。あなたのあの時を胸に焼き付けて、そうしてたまに思い出す。いつもいつも泣いていた、小さな微笑み。いたずらな笑顔。泣いた後にすぐに笑顔になる癖。

雨が降りそうな梅雨の昼、みんなで連れ立って行ったshow。握手すらもままならない、あなたの好きな色は青。そして声が耳に残る。絵もいつまでも残る。忘れきってしまった後、もう一度聴かせてあげる。あなたの応援を。まだまだ小さな叫びを。

いつもヒーローに憧れていた、必ずなれると信じていた。遠い遠くの西の世界。

元気に風船を見つめる、さよならするときだけ寂しそう。ハイタッチしてさよなら、逃げないように見張っておいて。このまま星が流れても。

光る稲妻、石の上で踊るあなた。

久しぶりの再会は全力疾走で。気づけば大人びた後ろ姿、あなたの母の日に乾杯。お昼寝して陽だまりの中で目を開ける。気づけば一瞬、もうあなたはいない。いつかの夜想曲が聴こえたなら、石の上で眠る。巡る、境目の向こうのあなた。そばに近く今の私。遠い日の向こうで重なるあなたとあなた。その光景を目にしたなら涙は止まらない。

瞼を落とす、走る電気の痛み。

電車で会いにいく、今のあなたを楽しみに。いつまでもあなたを楽しみに。

もう一人いた、少し小さく飛び踊る君。真っ黒で真ん丸な強い意志。要領よくいたずらな微笑み。いつも走ってばかり。跳ねて跳ねて跳ねて。甘い水。次の休みが取れたなら、会いに行こう。

頑なに願う

重なる瞬間にもう一度戯れたい。いつか離れるあなたたちを思い。今残す電気的な意志。長い眠りに誘われて、いつまでも落ちていたい。痛みと空腹がそれを許さない。気づけば一瞬、儚き世の夢。明日への痛みを憂う。世界は不安な夜を抱えるけれど、あなたが世界を知る時は浄化を願う。無菌ではない、正常化。自然。

どこまで走っても波も見えない海の中。今夜10時過ぎあなたを憂う。優しい夜に鎮魂を願う。きっと激しい涙を止めるために。どこまで走っても夜は明けない、走れない夜が増えていく。いつかもう戻れない場所で、振り返れば一瞬。

 

 

 

 

風と夜の音。桜とあなたの名前。

届かない手

あの日を思い出して。今から遥か遠く。まだ本当に何も知らなかったころ。今にも眠りに落ちそうな温かさの中で。自転車に乗って走り抜けた。いつもより遠回りして、わざと用事があるふりをして、あなたを連れ出した。そして嘘。笑っているだけでよかった。飛行機の離陸する音で目覚めた。嘘。告白する理由なんてない。不思議なことは、あの時のあなたと同じくらい大切な人と、今またこの場所にいるということ。しかももっと大切な人をたくさん連れて。だとしたらあの日の私はここで何を思うだろう。そんな未来がやってくると知っていたら、この場所で何を話しただろう。

それでもあの日の私は同じ選択をして、同じ過ちを犯していたに違いない。

それは別れの挨拶

もう一度降りてくる飛行機の影の中に包まれて。小さな噴水ではしゃぐ二人を見つめる。バイクに乗ったり、人の気配を感じたり、ハンバーガーを食べたり。今となっては思い入れしかないこの場所に。またこうして公転速度を考えて。水平線に見える星のような輝き。カメラに映った2010年の電灯、バニラスカイのような破れた雲。

時が止まって満ちて、そして食べて熱を水に変えて化学反応。トンネルをくぐり抜けた先にあるご馳走を目指して。真夜中の車内の熱は、真夏の草むらに落ちて溶解。コンプレックスは今だけ忘れて作業に没頭。夕食はいつもの作り置きだった気がする。キノコが多めの器にとらわれているうちに、不意に受けた衝撃。罵声。それは別れの挨拶。

そして必然。当たり前の因果。そしてそれっきり、あとは風の中で気配を探る日々。

流行りの歌のせいにして、あとは綺麗なものだけ取り除き、わだかまりや不純物をこしていく。そうしておけば腐らない、誰も傷つけない。星が降る日また見にいくよ、あの飛行場へ。今度は冬でも大丈夫。もうきっと見失わない方法を見つけたから。手も離さない。

丸い閃光

顎を引き締め、もう一度壁に登ってジャンプ。窓に映る影に怯えないで。まずい料理は放っておいて、ボンダイブルーに目を奪われた。君の部屋に行こう。夜風にあたりに行こう、その先は暗闇。暗闇の先にある街灯の光。勇気を出してそっと飴玉を差し出す。世界一の悪党になった気分、全ての夜の王。

両腕回して花火の中でジャンプ。自転車の鍵を無くしたっけ。そのおかげで起きた奇跡をあなたは知らない。桜を見ながら知ったあなたの名前。花火に照らされるあなたの顔。あなたの名前をあなたの知らない私が知っている。いつか見たものに飽きてしまわないように、いつまでも見続けることにするよ。そうすればきっと見ていたことに意味が生まれる。夏の草むら、熱を帯びた瞼。

さよならとか。ぜんぶ。眩しいから薄眼で睨む、透明な灰の思い出。

不思議な感覚。異性というのはいつまでも遠い存在のような気がします。たまに、心が通って溶け込んでしまいそうな時もあれば、永遠に交わらない平行線のような虚しさを感じることもあり。何ががうまくいったことは一度もないかもしれません。いや、うまくいったことは何度かありました。うまくいき続けたことがなかったのです。うまくいかないようにしていたのかもしれません、どこかで。

初めて見た映画はなんだっけ

新しい出会いを求めていたのは、前進ではなく逃避だったのでしょう。逃れられない運命の呪いから逃げて、気づけば知らない街で一人きり。次の瞬間はどこにいるかもわかりません。ただ一つ言えることは、隣にあなたはいないでしょう、絶対に。一人で生きて行こうと何度も覚悟したつもりだけれど、気づけばあなたがいる生活を想像してばかり。そうやって小さな希望は少しずつ削られていき、空っぽの中に閉じ込められる。窓から見える夕日が落ちる時、今日一日が終わる時、いつも思い知る。きっと最後の時もこうして、一日の終わりを感じているのだろう。

そろそろ前に進みましょう。掴んだ手が私を拒むなら、いつまでも掴んではいられません。細く痺れたあなたの腕、痺れを切らした私の手。思い出だけを心にしまい、何食わぬ顔でこんにちは。あなたのことを忘れた頃に。

涙の跡に光

次はどんな顔して会いますか。私は何が好きでしょう、他愛も無いことから始めます。昼の終わりに陽気な顔で乾杯。サマージャケットに身を包み、季節外れのブーツを履いて。ギターの和音が全てを弾く、泡に包まれすべてが高鳴る。笑いながら裏腹。稲妻。明日のことは一旦忘れ、週末のことを考える。あなたをどこかに連れ出せたらなら。きっと飛ぶことはたやすい。もう一度、あと何度でも見たくなる、その瞳。その笑顔。その泣き顔。もう一度、あの時の声を聞けたなら、何度でも戻れる。神よ、神よ!いつもあなたは知らんぷり。それでも祈らずにはいられない。大きすぎる奇跡はいらない、せめて小さなときめきを。眩しいから目を細めてみる、薄眼で見る天使。

Another

忘れたくないことが増えていく。どうでもいいことばかり。些細ないさかいなんて忘れてしまい160時間をぶっ飛ばし、あなたと過ごすこのひと時。向こう側で笑うあなた。太陽さえも意味を変え、雨音ですらありがたい。風の匂い、息の匂い。もう鳴らないで、もう思い出さないで、その方が幸せになれる。水面を揺らすのはもう終わり、これが最後であってほしい。穏やかなまどろみの中で、甘い熱を感じていたい。薄く削れた希望を再構成。確かな形に変えていく。そんな未来を願ってもいいでしょう、願うくらいならいくらでも。本当に目が覚めた時、こうしていたことも忘れてしまう。ただこの空間に漂う、この日の私の思いは電気の光として残り続ける、透明な灰の中で。

MM.11987

熱く輝く水面を見上げている

無機質な夜に

ワクワクする何かを忘れてしまわないように。困難なことが降りかかる日々に。眠れない夜に、飽きてしまわないように。小さなきっかけさえあれば人は前に進める。

考えていることは壮大なのに、言葉にするとひどくつまらなくなってしまう。宇宙は途方もないエネルギーに満ちているけれど。退屈な明日が憂鬱で仕方ない。広大な時間、そんなものは存在しない。思い出だけが、傷跡だけが過去を証明する。それを忘れてしまったら生きた証は残らないのだろうか。

A LONG VACATION

未来=時間なんだろうか。変化こそが生で、無こそが死ならば。もう一度あの頃の気持ちのままで、あの海に行けたらなら。もう一度あなたに会える。太陽の熱、水の冷たさ。喉の渇き、肌の痛さ。

ミュージシャンの大瀧詠一さんのCDジャケットのような風景に入れる。手がけたのはグラフィックデザイナーの「A LONG VACATION」は永井博さんというらしい。画像検索で作品を見てみると、トロピカルな風景画が多い。どれも素晴らしい。風景画でどこか無機質な感じは、エドワード・ホッパーを思わせる。南国のホッパーといったところでしょうか。公式サイトのつくりも素敵。たぶん結構古いサイトなのに、今見ても良いデザイン。シンプルで洗練されている。

イラストレータ鈴木英人さんの手がけた山下達郎さんの「FOR YOU」のジャケットも素晴らしい。夏のさわやかさ、空気感。コカ・コーラやポカリスウェットの90年代のCMのような、世界で生き続けたい。フレッシュさと爽やかさだけの若者たちの群像劇。そんな青春を過ごしたかった。

駆け出さずにはいられない何かがあったころ。身体の中から燃え上がるようなエネルギーが溢れていた頃。ふつふつと熱が湧き上がるように聴いた深夜のメロコア。興奮と疲れにまみれて眠りに落ちていた頃。そんな日が減っていくことが怖い。ただただ怖い。老いることが怖いのではない、若さを失うことが怖いのでもない。無機質な夜に慣れてしまうこと、それを良しとしてしまうこと。その気持ちすら忘れてしまうことが怖い。システムに飲み込まれてしまうこと。それに慣れてしまうこと。2001年のドラマ「ストロベリー・オンザ・ショートケーキ」の中で、内山理名さんが演じる沢村遥が「大人になることが怖い」と言っていた。大人になってこの意味がわかった気がする。

浜辺から見た対岸の花火、遠くに感じる火薬の匂い。薄煙と夕闇。未来に想いを馳せる、遠くを見上げる。

血を滾らせる

負けてはいられない、悲観してはいられない。良くも悪くも明日は訪れる。わけのわからないデタラメな恐怖にとらわれないように。一人怯えている間も夜は巡る。負けないために、思い出をエネルギーに変えて。

あと何回夏を感じれるだろうか。

MM.11986